読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

alphaの(毎週更新)日記

Webにちょっとだけ関係した仕事をはじめた元Webディレクター兼業主婦が徒然と書くブログ。読書記録、美術展の感想など。

LOVE♥りぼん♥FUROKU 250万乙女集合!りぼんのふろく展@京都国際マンガミュージアム へ行ってきました!

これは行きたいと思っていた、京都国際マンガミュージアムで開催中の「LOVE♥りぼん♥FUROKU 250万乙女集合!りぼんのふろく展」に先週末ようやく行くことができました。
今日はその感想記事です。

京都国際マンガミュージアムが京都の中でも割と交通の便のいい烏丸御池にあることは知っていました。
けれど、マンガは好きだけど王道少女マンガ好きで来ているため、好きなマンガの幅が狭いかも…と余計なことを気にして行きそびれていた場所です。
それでも、かつての少女マンガ雑誌りぼんが大好きだった「りぼんっ子」としてはこれは行きたい、と行ってみることにしたのです。

京都国際マンガミュージアムは廃校になった小学校の跡地を利用した施設のためグランドがあったりでノスタルジーを感じる雰囲気でした。
当日はコスプレイベントをしていたようで、気合を入れてコスプレしている人がたくさんいました。
このように一つの展覧会を開催しているのではなく複数のイベント、展示を実施していること、入ったら早々にマンガ関連のグッズがあることなど、既成の美術館とはまた違うつくりに驚きました。
そして肝心のりぼんのふろく展が開かれている場所にたどり着くのに迷ったために館内をうろうろしましたが、そこでまたびっくり!
マンガの歴史にジャンルを問わないマンガがいっぱいある…!!
何度も読んだけど読み返したくなる少女マンガや買っていたけど完結する前にその時は興味を失ってしまったらんま1/2や80年代のマンガや…!
京都国際マンガミュージアムへの入場料800円でマンガ読み放題なんて、専業主婦時代に知っておきたかったものです。
レンタルで借りると期間が気になったり家にいると他のことをして読めなかったりするので、読むことに没頭できる空間というのはいいですね。
小学校の建物のせいか、昔児童館でマンガを読んでいたことも思い出しました。

さて、ふろく展
入り口だけ撮影可になっていました。
この勉強机の空間がまさにアラサーアラフォーを狙っているような。
f:id:alpharuha:20170204015711j:image
(あっタイトルが切れてしまっている)

ふろくは何と1950年代のものから展示。戦後の少女マンガ雑誌の変遷が見てとれて興味深い。
リアルでは知らないけれどりぼんが売れてきた1970年代の乙女チック路線だったりも。
ふろくに制限があったのは今と違って「国鉄」(!!)で雑誌を運搬していたため、荷重量に制限があったことと関係するような解説もありました。そっか、運輸の違いか…。と。
そしてだんだん知っているマンガの増えていく1980年代の展示。
リアルタイムで読んでいなかった「ときめきトゥナイト」蘭世編のふろくは初めて現物を目にしたけど、ふろく一つでも手を抜かないイラストのクオリティの高さ。
ふろくの原画がありましたが、それを見ると当然なんだけどイラストはマンガ家が描き文字や装飾をデザイナーがあしらったものもあるとわかります。
解説に、当時のりぼんマンガ家はふろく用の三頭身のイラストを描けることも重要でしたとありましたが、確かにふろく絵はそうでした。マンガ中では大人っぽくシリアスな関係にある登場人物たちがコミカルにかわいく描かれていたりしたのが魅力的だったなぁ。
感激したのは私が初めて買ってもらえたりぼんの号のふろくも展示されていたこと。
それは大人っぽい絵柄が好きだった「星の瞳のシルエット」の香澄ちゃんスキップバック(名前は忘れてたのでこれを機に覚えて帰った)
写真禁止で撮れないのが無念ですが、イラストのかわいさ、サーモンピンクのちょっと小学生にしては大人っぽい色もさることながら、紙から角丸のフォルムの立体ができあがるのも衝撃でした。
案外使い道はなかったのですが笑、初めて買った雑誌のふろくということもあり捨て難かった記憶があります。
星の瞳のシルエット」関連は作者の柊あおいさんが京都国際マンガミュージアムにゲストで来られたこともあるからか、ふろくだけでなく、決められた金額を送ったら届く全員プレゼントいわゆる全プレや、懸賞の商品も展示されていました。
欲しかった懸賞商品がたくさんあり童心に返って欲しくなりました。電話機欲しかったりしたなぁ…!
ここは撮影したかったです。

他にも「ハンサムな彼女」関連も懐かしかったし、他のもああ持ってた!とか、レターセットなんかは自分が持っていなくても友達からこれで手紙をもらったことがある!とか、小学生にタイムスリップできる空間でした。
紙という制限がある中、レターセットやトランプにサイン帳に少し変化球な別冊に。
これだけイラストを描かれたマンガ家さんたちも、企画を出し続けてきた人たちも(編集ではなくふろくを作る会社から提案があったようです)たいへんだっただろうなぁ、とも思いを馳せました。

1990年代も途中になると買っていない時期のマンガになり、さらっと眺めるだけとなりました。やはり懐かしい時代のものを懐かしむために来ていたようです。

すっかり最近ではふろくがメインのような雑誌も増えていますし、それは出版不況の中でなされている工夫なので否定もしないのですが、ちょっとしたことでかわいいものが生み出されていく文化はこれからも残って欲しいものです。雑誌あんまり買ってないのにそんなことを言うのも勝手かな…

りぼんを読んでいたことがある人なら誰でも楽しめるふろく展、関西ではこの京都国際マンガミュージアムで2月5日まで!
ふろくを見た後、当時の懐かしいマンガも読めるのもラッキー感なので是非!

関西で行けなかった人にも朗報で東京でも巡回展が実施されるとか。更にスカイツリーでは大規模なりぼんイベントやっていて羨ましい限りです。関西にも来ないかなー。



わだはゴッホになる 世界の棟方志功展@あべのハルカス美術館へ行ってきました!

今月初めのことになりますが、あべのハルカス美術館で開催されていた「わだはゴッホになる 世界の棟方志功」展へ行ってきました。

きっかけは

棟方志功のことは最近まで全く知りませんでした。クイズ番組で青森出身でほにゃららで(ほにゃららの部分は忘れました)の芸術家は誰か、という取り上げられ方をした時に、かっこいい名前が印象に残って覚えました。

そう言えば藤田嗣治展の記事を書いた時にも最近までしらなかったけれど…といったようなことを書いていた気がします(し実際書いていました)。

alpharuha.hatenablog.com

 

それにしても、日本人芸術家を知らないのは間違いなく日本史・日本芸術史に興味なく生きてきたせいです。

もったいないことしてる!でもこれからでもまだまだ知る機会はあるので、いろんな美術展に行きたいものです。

切手で作品を知ってた

さて、棟方志功のことを、名前かっこいいな!というだけで覚えた私ですが、どんな作品があるのだろう、と検索したところ、知っている作品がありました。

↓この一番左のポストカード(今回勝ってきたものです)の版画! この画、文通や切手集めが好きだった昔昔に、切手で見たことある! とピンと来たのです。

f:id:alpharuha:20170126222343j:image

 

しかし、当時ポップなもの、かわいいものが好きだったはずなのにこの切手のことを覚えていたのは、よく考えると不思議です。好きだと思って覚えていたわけではありません。

ただ誰かわからない人(弁財天妃)の目力の強さと、赤紫の背景が印象的だったのかもしれません。残る画…!

この画の作者と知ってから、いつか作品を生で観たいと思っていましたが、運よくあべのハルカス美術館で展覧会が開催されることを知り、期間内に行っておかねば、と昨秋から気にしていました。そしてようやく、会期終了間近に大阪に出ることがあり、急いで行ってきました!

ちなみに、記憶違いでないことは、この切手が昔の記念切手を販売しているサイトにあることで証明できました。(けれど昭和57年発売って!この年に切手はまだ使える年齢ではなかったはうなので(産まれてはいる)、どうして知っているのか謎が深まりました…)

近代美術シリーズ 第14集 弁財天妃の柵(棟方志功) 60円シート

あなどれない!あべのハルカス美術館

一度もあべのハルカスに行ったことがなく、日本で一番高いビルという認識はあったのですが、何故かデパート&ショッピングモールのようなイメージでした。そのため、そこにある美術館はそれほど広くないんじゃないかなーと勝手に決めつけ、ネットで展示リストを見てもそれほど作品数が多くないように感じ取りました。

その決めつけから観賞の時間を多く取らなかったのですが、これが大失敗!!

新しい建物ゆえに天井が高く開放感のある広い美術館で短時間で回るところではありませんでした。

圧倒された展示

展覧会名にゴッホとあるように、棟方志功は最初油絵を志していました。入ってすぐはその頃の油絵がいくつか展示されていました。

確かにゴッホぽい筆致で素人が見る限り上手いのですが上手やなぁ…くらいの感想でした。

切手のあの画のようなインパクトのある作品はあるのかな?と観ていくと…

版画作品になった途端、弁財天妃の画と同じ目を持つ仏像などの版画作品が展示されていました。

白黒のものも多いのですが何かとても訴えられかけているようでした。それがだいぶたった今でも図録を見返しても何故かはわからないのだけれど…

正直、版画をナメてたのかもしれません(何様)。版画に対していくつも同じ絵柄で刷ることができるのが強みという誤った認識がありました。

作品の中には一度刷っただけというものもありました。


展示スペースの壁一面の大きな版画にはただただたたずんで観ていました。

他にも谷崎潤一郎作品の挿画、岡本かの子宮沢賢治との今風に言えばコラボな作品など、作家との親和性も高く、国文学に少し親しんだ私にすっと入ってくるところのもあったのかもしれません。

そして女性の肌に紋様のある版画もありました。最初の写真の真ん中のポストカードがそれですが、色使いに精巧な柄に引き込まれました。セクシーとは違う何とも言えない色気のある女性の版画も多く感じました。

生で作品を観てよかった、駆け足だけど本当によかった!新年早々いいもの観た!という気持ちで会場を後にしました。

 

青森行きたい!

それでもやっぱりもっとゆっくり観たかった(無計画な自業自得なんだけど!)と悔やみ、展示リストには掲載されている収蔵館に行けばええやんということに気付きました。

そしたらほとんど青森県立美術館棟方志功記念館(こちらも青森にあり)と!

もちろん常設展示でないものもあるでしょうがこの2館に行くと観られるのかと思うと青森行きたい熱が急遽高まりました。旅行先、セミナーがあったら飛ぶ?新幹線で辿り着く?先のリスト入りです。

それまでは購入した図録で棟方志功の世界に浸ります。裏表紙にあべのハルカス美術館と印字されているので巡回展でなくここだけで開かれた展示だったのかな。角丸になっているのがよいパンフレット。

今年もたくさんの美術展に行って刺激を受けたい!と思ったよき展覧会でした!

f:id:alpharuha:20170126222405j:image

 

22回目の1.17

今年の1/17は自分に愕然としてしまいました。朝関西ローカルのニュースを付けていて神戸の様子が出た時に「あ、今日やった…」と気付いたのでした。

数日前までは意識していたのに、当日に意識していなかった自分にショックを受けました。

 

神戸にいた頃は、仮設住宅が立ち並んだニュータウン、大学近辺で歩くと目立つ空地に新しいマンション、といった震災後が色濃く残る中にいたので、意識するまでもありませんでした。

東京に出てからは、神戸にいた時より何故か強く意識するようになりました。一人暮らしの東京で大地震が来たらどうするのか、ということは頭にあったせいもあります。また、神戸の時の風景が頭にあり、住む部屋についてマンションの2階以上を希望したところ「女性は防犯上1階嫌がるよね」と同僚や不動産会社に言われたことで、地震が実体験であるか否かの差を感じたのもあるかもしれません。(大地震と下着泥棒や女性を狙った犯罪ってどちらが遭遇する率高いんだろうというのはありますけど)

私自身昨年同時期に書いたブログ

alpharuha.hatenablog.com

にあるように被災者ではありません。揺れもおそらく震度7ではないはずです(食器すら割れなかったので)。それでもあの時の空気感を知っているゆえ、自分事じゃないけど他人事じゃない感覚があるのです。

そうか、誰もが知っていることでないんだ、という当たり前のことに気付かされたのです。

ただ前述のような状況もあり、自分事として何かを書くことはやっぱり躊躇いますし、それでも、覚えておくことが1つなのかな、と考えていただけに、今年の自分にはショックでした…。

そう言えばひょんなことから「神戸在住」のドラマをまだ積録していることを思い出しました。

劇場版 神戸在住 [DVD]

劇場版 神戸在住 [DVD]