読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

alphaの(毎週更新)日記

Webにちょっとだけ関係した仕事をはじめた元Webディレクター兼業主婦が徒然と書くブログ。読書記録、美術展の感想など。

初詣と厄除け、怖いおみくじ

 

800段登った先に境内

ちょっと遅い初詣と夫の厄除けを兼ねて滋賀県にある立木観音さんに行ってきました。元々夫の両親が厄除けとして紹介してくれそれ以来厄除け時はこちらにお参りするようになりました。

車の方が便がいいですが、マイカーがないので電車+バスで。JRの石山駅から京阪バスに乗ると20分ぐらいで立木観音前に着きます。初めて公共交通機関で行きましたが本当に目の前に着くのでそれほど不便でもありませんでした。

バス停を降りたら階段を登って境内につきます。階段といってもちょっとしたものではありません。山登りです。公式サイトによると800段あるようです。それでも小学生にならない子どもからお年寄り、犬を連れてる人まで様々な人が登っていて気さくな雰囲気です。私達は15分ほどで境内に辿り着きました。

ゆず茶が好き

手を清めたら、ポットで用意されているゆず茶、昆布茶をセルフでいただきました。このゆず茶がおいしいんです。甘過ぎず酸い過ぎず。800段分登ったという達成感と疲れの相乗効果もあるでしょうけど。

その後護摩木に願いをしたため、夫が厄除けを申込んだ後、境内を一周しました。こちらでは厄除けを申し込むと現地ではお守りの袋を渡され、何日か後にお札が送られてくるという形です。

お参りが終わった後、おみくじを引こうかということに…がしかし!

去年のおみくじ

ここのおみくじ恐ろしいんです。去年夫の引いた凶のおみくじにはまさかの

十中八九死ぬべし

ってあったんですよ。死ぬべしですよ!! いやこの「べき」の用法は「当然のべき」ではなく「推量のべき」だとは分かっていますがそれでもドラゴンボールフリーザ様に死んでもらいましょうかねって言われた感。
根拠のないことは信用されない、とWebディレクターをしている中で何度も実感していたのに根拠のないおみくじが気味悪くてしょうがありませんでした。なので当然、当時ググりました。こんなおみくじが出ましたが何ともなかったという書き込みをネットで見つけてまあ安心しましたし現にこう今年も二人でお参りに来られたのですが。

なのでここに不安に思った人が辿り着いて安心してくれたらいいな…届くように強調しておきます。

立木さんで十中八九死ぬべしって出ても、安心してください、生きてますよ。(2015年風味)

今年のおみくじ

と私はここのおみくじを恐れてもう引きたくないと言ったんですが当事者の夫は書いてあったことを忘れていたらしく、結んだら忘れるよと言って引こうとしました。まあ気に病む人じゃないから安心して私が勝手に気に病めたんですが。
そうなると引かないのもネタがなくつまらないかと。死ぬべしでもどんと来い!!

で引いた結果夫は吉(内容忘れましたが無難によさそう)、そして私は凶。

f:id:alpharuha:20160112104018j:image

夫が去年引いた凶とは違うタイプのようでした。ただこれを引いたのはよかったなーと楽天的に考えられました。基本焦るな急ぐなということだな、ということで2016年の抱負とずれていないなと。不得意な一つ一つきっちりと、ですね。

最後は一礼した後、ひたすら階段を下りました。膝が笑っていたのが運動不足の証拠。こうして初詣も終わり、今週からは日常生活。がんばっていきましょー。