読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

alphaの(毎週更新)日記

Webにちょっとだけ関係した仕事をはじめた元Webディレクター兼業主婦が徒然と書くブログ。読書記録、美術展の感想など。

今日中という納期

言い訳ってみっともないけど書いてみた

冷えから風邪をひいて何事にも億劫になりがちな今日この頃です。体調不良を言い訳にやる気がないなど二流AND二流と思いつつブログ更新のテンションが落ちています。出掛けない→ネタも集まらない、堅い記事について頭を使って書く元気もないという。
目指すところに辿り着けそうにもない(が、目指すところはどこなのよ問題)時にすぐやーめたってなる性格がむくむくと出そうになります。そもそも体調がめちゃいい時なんて誰にもそれほどないはずだろうに。

週1ブログ会ありがとう!このブログ会に入っていなければ更新をサボってもばれることもなくブログを書く習慣もなかったことになっていたに違いない。あかん人ならあかん人なりにやっていく工夫をしなければと思う今日この頃。
そんなわけで更新時間も押せ押せなのですが…

さて本題、今日中っていつまで

そんなわけでこの平日毎日更新ブログなのですが、毎日更新を守る線はどこなのだろうとふと考えたのです。毎日、つまりその日中に更新をするんですが、その日中、今日中というのはいつまでなのか、と。
ブログのシステムでは23:59までは「今日」の日付が出ますので、それが今日中、ではあります。それに甘えて今更新しています。

しかし、これが人気ブログだったり、仕事で手掛けている何かだったら?
平日毎日更新、と謳っていて普段夕方までに更新されているものが21時になっても更新されていなければ、ああ今日は更新がないのだな、と見なされてしまうでしょうし、信頼性も損なわれます。信頼できない筆者だなと思われると記事まで信頼できないな、と思われても仕方がなくなってしまう…と自分で自分を煽って、更新のルーティン付けを取り戻そうと(苦笑)

仕事をしていた頃、今日中提出の社用書類を18時越えて上司が帰る直前に提出して叱られたことをふと思い出しました。叱ってもらえるって幸せやね(ありきたりなことだけど)。今日中っていうたものはよく見積もっても定時まで、っておっしゃってたなー。
定時、というのも相手方と自分のところで違ったりするので緊急を要するものは時間区切ってスケジューリングする方がいいんだろうな。
人それぞれの今日中の定義を聞いてみたいところです。