読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

alphaの(毎週更新)日記

Webにちょっとだけ関係した仕事をはじめた元Webディレクター兼業主婦が徒然と書くブログ。読書記録、美術展の感想など。

文学部を出てWebディレクターになってよかったこと(2)

(1)ではいかに私がウキウキで自主的に文学部を選んだという話でした。

alpharuha.hatenablog.com


そんな私は、入学した時点で

  • 文学部でどんな勉強をするかはよくわかっていない(本はいっぱい読めそう)
  • けれど私は賢いからどうにでもなると思う←
  • まあ地元でとは言えそこそこ難関大と言われてるし出版社に就職できるやろ

とまあ呑気AND呑気でした…
(2)はそんな呑気な私が自分と就職状況について客観的な情報を得たことと、恩師の言葉についてです。

文学部でどんな授業をするかは公開授業で何となく掴んだ

呑気さその1については、大学1回生(※関西で1年生のこと)の前期に1回生用の公開授業が行われたことですぐ呑気でもいられなくなりました。好きな講義をいくつでも選んで聞いてその感触から専攻を決める形になっていました。他の分野の授業も聞き1回生用にかなり噛み砕いての講義だったので興味深かったのですがやっぱり国文学の授業に惹かれました。単純に本を読んで読んで読めばいいわけじゃないんだな…ということ、そしてたった1文からでも深く読み取っていくということ。そう文章を読む力なんて選択肢から選べよなんていうマークシートじゃ計れないんじゃないかしら(国文学希望していた割にマークシート形式国語の得点率はいまいちでした)。

私、決して賢くなかった

呑気さその2はもう今となったら恥ずかしいですね!謙虚さがない人はそもそもどんなに賢くてもそれまで止まりだしそもそも私は賢くなかったのでした。
入学してすぐ妥協してこの大学に入ったみたいな話もチラホラ聞いた時に、ああ、私は結構いっぱいいっぱいで入ったんだけどそうじゃない人もいるのか…という衝撃はありましたが、それでもそこは入ったら一緒やしと気にしませんでした。
大学2回生から専攻の国文学の授業を多めに取ったのですが、講義で出てくる江戸や明治の作家や著名人を知らない。入試では社会は1科目でよくて、高1時点では外大・国際系に憧れていたことと世界史の先生の授業の方が分かりやすかったということで、世界史を選択していました。
なので国文学専攻なのに日本の歴史よく分かってないよ!!(本当に中学生レベル)まず基礎知識が飛んでるのです。そんなの自明なのに気付いて大学1回生の時にリカバーしてないというね…
更に講義以外にも演習という授業があって、一般的にはゼミにあたるんですかね、対象の文学を読んで考えをレジュメ(B4で2-3枚程度)に纏めて発表する授業がありました。
当ブログでも語彙力がないないと嘆いていますが本当にレジュメを書く語彙力がありませんでした。~と思った、興味深い、の連発…しかもそれ感想や。
2回生だもん、というのは言い訳で同回生は重厚な論を展開するレジュメを用意していました。
ああ、高校生やもっと前から古典的な文学を読んできていて、論理的に考えてそれを纏められる人たちっているんだ、私は賢いと勘違いしていたけれどほぼ記憶力で入試を乗り切っただけで思考力ないんや…と現状を把握したのでした。

出版社に就職は簡単じゃない

呑気さその3については、2回生の頃に把握したんでしょうか。おそらく個人情報に煩くない時代で、学生課に行けば卒業生の名簿を見ることができました。直近の卒業生の就職先を今後のために見ました。

…唖然。

出版社?いわゆる大手3社(小学館講談社集英社)どころか出版社ぽいところに就職している人が見当たらない。そして自分は興味はないけれど、みんなが知っている会社に就職している人もそんなにない。
な、何これは…
私の中でみんな(地元の人がな)が知っている大学に行けばみんなが知っている会社に行ける神話、終了。
もう就職氷河期に入っていて、山一証券はもう潰れていた(というのは今検索して確認、入学年の秋、しかしそれにも無関心)けれどあんまりそんな危機感が呑気な私にはなかったのでした。
同じ学部生だと、文学部は就職がよくないし教職を取っておく、という子たちも多かったけれど、教師なんか嫌いや!というのと教職の授業が行われる校舎が山を登らないといけないところにあったため取らず。
(ただこれはニートになった今を思うと教職や図書館司書を取っておくと派遣登録時に生きたかなという気もしています。自分で決めたことではありますが)

どうしよう、私、出版社に就職できないかもしれない…

そう思うとこれまでウキウキしていた文学部の授業が色褪せて見えてしまいました。好きだったのは文学部ではなくて本を読んでいて賢いと思っていた自分と出版社に繋がる、というところだったのでしょうか。

明日は文学部の授業に色が戻ったきっかけと、負けまくった就職活動についてです。
3回で終わる予定でしたが4回掛かりそう(汗
Webディレクター云々はようやく明日出てきますよーと予告。