読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

alphaの(毎週更新)日記

Webにちょっとだけ関係した仕事をはじめた元Webディレクター兼業主婦が徒然と書くブログ。読書記録、美術展の感想など。

5月第1週(5/2~5/8)に読んだ本

今週は1冊

まさかのまさかで今週は1冊でした。読みかけは他にもないわけではありませんが。連休中に減るのは主婦っぽい感じはします。そう装っているわけではないですが。
4ヶ月終わって104冊で、単純に3倍したら何とか目標の300冊には届きそうですが、結構ギリギリですね。
結構読んだ気もするし、それほど読んだ感じがしない気もします。

2016年105冊目「NOVEL 11,BOOK 18」ダーグ・ソールスター/村上春樹

学生時代の先輩で村上春樹ファンの方がSNSでアップしていて存在を知った本。ノルウェー人作家の作品。
子どもの頃、ご近所にノルウェー人のご家族が住んでおられて、クリスマスパーティに遊びに行ったことがあるので、行ったことはないのですがノルウェーと聞くと懐かしい気持ちになる国です。
勝手に身近な国です。ただ、具体的にどんなお国柄なのかはわからなくて、ただただいい人たちだったなぁ、という印象なのですが。
さて、この小説。章立てもなく最後まで続きます。訳者・村上さんによると英訳(この作品はノルウェー語→英訳されたものを和訳しているそう)ではもっと一段落が長かったのだとか。
50歳になる男性が自分の人生を振り返りつつ現在を語っていく小説。最初の方は少しとっつきにくかったですが読み進めるとぐいぐい読んでしまいました。身近な人と自分の存在について考えさせられるような作品。
続編がノルウェー語では出ているそうですが英訳がまだのようなので、和訳が読めるのはかかるかな。綺麗に終わったような気もしますがまさか続編があるなんて。

NOVEL 11, BOOK 18 - ノヴェル・イレブン、ブック・エイティーン

NOVEL 11, BOOK 18 - ノヴェル・イレブン、ブック・エイティーン

 

 

今週は1冊なので、今週の1冊はお休みです。読書記録ブログにして1日1冊ずつたっぷり感想を書くのも面白いかもしれない。当たりじゃなかった時にこまるかもしれないけれど。