alphaの(毎週更新)日記

Webにちょっとだけ関係した仕事をはじめた元Webディレクター兼業主婦が徒然と書くブログ。読書記録、美術展の感想など。

胃がん検診で引っかかってピロリ菌を除菌した話

ブログタイトルやブログキャッチに偽りあり過ぎてWebディレクター(に戻りたい)の不養生ですね、こんにちは。

今日はこの2ヶ月ブログを更新しなかった言い訳理由を記事にするスタイルで行くよ!

それは人間ドック受診から始まった

7月に現在の会社に入社して早々、総務から健康診断を受けるように言われました。その際、人間ドックを受けてきてもらってもいいよ、一定の金額までなら補助しますよ、腫瘍マーカーもオプションで付けられたりするのよ、とのこと。
6月に基本的な項目だけとは言え入社前健康診断を受けているのにまた受けるの面倒やなー、という気持ちがまず最初に。
次に、でも前職辞める時に補助が出るのに人間ドック受けなかったこと悔いたんだったわー、という気持ちに。
最後に、既往症でチョコレート嚢腫持ちとしては、腫瘍マーカー魅力的やーん、と。
会社があっせんしている病院を紹介され、人間ドックの予約をしてみたところ。7月だというのに、胃カメラのコースは11月ぐらいまで空いていません、バリウムを使っての検査であれば9月には可能ですと。
前職でもバリウムでの検査しかしたことないし、胃は健康そのものだから簡単な検査でへーきへーき!そもそも9月まで試用期間だから11月だとクビになっているかも仕事が本格的に忙しくて行き辛いかも、というスケジュールの都合もあり、バリウム検査を選択。
これが後の予定外の支出につながろうとは…

そして9月になり人生初めての人間ドックを受けました。人間ドックと言えども半日コースなので、これまでの健康診断と変わった感じはあまりなし。
腹部エコーが長いのが印象的だったのと、バリウム検査が今まで受けたところより飲むバリウムの量が多かった気がしたぐらい。前職で受けたバリウム検査はバリウムの味が選べたのに無条件でストロベリー味だったのは不満wバニラが好きなんや私は…
でも印象に残ったことはそれぐらいで受けたことも忘れていたのでした。

再検査の告知は突然に

9月末、大きめの封筒にて人間ドックの通知が届きました。はいはい既往症で引っかかってるんでしょはいはい経過観察、と気楽な気持ちで開いたところ、「胃透視 異常あり 再検査」と。
ん?
まーーーーったく自覚症状もなく、血縁関係で胃を患っている人も思い当たらず。胃が弱いって国文学出身者としては夏目漱石のイメージ。神経質な人が患う部位でしょ、私へーきへーき。なんて。胃の検査で引っかかる、ということが理解ができず30分ぐらい詳細読まずに放置しました。それでも要精密検査ってあったよね…ということが気になり再度読むと「胃体上部陥凹病変の疑いあり」。
え、なんか大げさな疑いじゃない?病変て。ググった方がいいのかな…。


気になって検索すると出るのは再検査の結果慢性胃炎だったというブログや胃がんだったというブログやら。
え?そ、そういう検査結果なん?え?胃が痛いって経験したことないけど…。病気の症状は一人一人違うのに気になってしまうと家事も放置して検索する沼にはまってしまいました。
もし胃がんだったら、え。
いやいや私10年前も卵巣がエコーでがんの疑い→CTとMRIでほぼ良性腫瘍の見通し→手術して摘出し良性確定ということがあったので、また写りが悪いだけ、大丈夫やろ、という楽観したくはなり…。写りが悪いのは自分の顔写真だけにしておいて欲しいもんやわ(なお実物

と、ぐるぐるしていたのですが、一晩寝て冷静になって、あ、とりあえず精密検査しなきゃ、となりました。悪いものの場合、大病院で手術する方が安心だろうし、始めから大病院で予約した方がいいと思い電話をしたものの、紹介状なしの空きの最短は1か月半後とのこと。え、こんな気持ちのまま1ヶ月半待つって無理! ということで大病院は諦め、自宅から行きやすい胃カメラ可能な消化器科に電話すると今夜診察してから予約を取りましょうと。いや診察いらないからもう胃カメラしてほしいんだけど、というモンスター患者になりそうでしたが、大人としてそれはいけない。いきなりできるものではありません。
でも今日診てもらえるなら十分だ、と感謝の気持ちに。
診察してもらい、私の気に病む様子も察して、今週末に胃カメラしようと予定を調整してもらえました。ありがたい。ありがたいけれど、えっ、すぐ検査しないといけないって、、と悪い方向に考えが及びそうになるのを打ち消すのに必死でした。

肩に力を入れずにいることは苦手です

会社で胃カメラ経験者にしんどいよー、という話は聞いていましたが、自分の病状がはっきりしない方が精神的にしんどかったため、胃カメラへの恐怖感はこの時はありませんでした。歯磨きでえずいてしまうということを話すと鼻からのカメラに。
口から入れる方がよく見えるとネットでは見たんですが、、と言ってみましたが、口から入れてしんどいと結局見えないし、今は鼻からのものも性能が変わらないから、と説明を受けて納得します。半端な口コミだけ知っている患者って面倒ですねごめんなさい。

恐怖感はなかったのですが、始まったらとにかく辛かった!口から入れなくて正解でした!割と痛みに鈍感と思われる私ですが辛かった。2秒に1回「肩の力を抜いてください」って言われるんですが、いや今がんと診断されるかもしれないという時にそんなリラックスって無理、それに胃カメラの異物感あるし。そもそも肩に力入ってしまうタイプなんよ。と。もう泣きかけていました。大人なのに。
泣きそうになりながらの胃カメラ検査が終わり、結果について。胃カメラで見た限り、大きな問題はないけれど、慢性胃炎の兆候が見られること、ピロリ菌が陽性なことを告げられました。そして採取した組織を検査に出してから良性かがんかがはっきりすると。
ほぼ最悪の事態ではなさそうだけど、100%安心ではないし、胃炎は症状としてある、というのがこの時点での診断。全く自覚ないのに胃炎。胃カメラのお会計は余裕で1万円超えました。けちるところじゃないけれど。

そしてピロリ菌が陽性のため除菌の薬を飲むことになりました。除菌の薬は副作用が下痢や腹痛と脅され教えられましたが、私は特に出ることはありませんでした。薬を飲んでいる間、アルコールと刺激物を控えるようにということだったので、注意したのはそれぐらいでした。

ひとまず安心の結果でも

除菌の薬を飲み終えて1週間後、生検の結果を聞くと良性とのこと。よかった、これで一安心や…。ピロリ菌の除菌結果は2ヶ月経たないと分からないというけれど、これまた生半可な知識による限り、血液や息をチェックすることで検査できるはずだし、辛い状態は終わった、、、。

と安心した私にお医者さんは非情通告を。「胃炎の炎症が酷かったし2ヶ月後また胃カメラしましょう」
ええええ!もういやなんですけど。1万円飛んでいくし。というか炎症がよくないって何、良性なのにまだ安心できないの?良性でこんな頻繁に胃カメラした人のブログ引っかからなかったんだけど。
と心では反抗的な気持ちにもなりましたが、除菌の薬飲んだしもういいやと放置した結果除菌できてなかったりすると嫌ですし、年内に安心した気持ちで終わりたい。食べることが大好きなだけに今の時点で悪い状態を食い止めてこの先もおいしく食べられるようでありたい。
いやいやの気持ちではありましたが、12月の胃カメラを予約しておきました。この胃カメラで最後になりますように。
その間、何かの口コミで読んだと思うのですが、LG-21がピロリ菌の除菌に効くとあったのえ、LG-21の飲むヨーグルトタイプををお昼ごはんの後に飲んでいました(医学的に本当に効果があるかは不明です。ヨーグルトは好きなので、どうせ食後のデザートで何か食べたり飲んだりするなら効果のありそうな方を選んでみたというだけです)。お酒も禁止はされていなかったので、飲む場があれば軽くは飲んでいました。辛いものは自然と控えていました。2ヶ月の間にしていたのはこれぐらいでしょうか。胃にストレスは悪いとも言いますが、仕事のストレスはそんなに軽減もされなかったし(苦笑)

最終結果

2ヶ月が経ち、再胃カメラ。嫌だという気持ちが初回より強くなっているので、辛さは初回より増していました。その結果、ピロリ菌はほぼ陰性を示しているけれど、ちょっと微妙な値を指しているので呼気検査もするように促されました。呼気検査の結果は組織の生検と一緒に1週間後に伝えます、とのこと。やっとここまで来た…!
ひとまず、胃カメラでの所見は2ヶ月前からすると炎症がほとんどなくなっているので、ピロリ菌由来の胃炎だったのだろう、という診断でした。あとは1週間後の検査で確定診断をお伝えしますということになり、気がきでない1週間をまた過ごすことに。

そしてやってきた1週間後。呼気検査の結果、ピロリ菌は除菌できており、生検の結果も良性で、人間ドックの再検査通知から始まった検査はこれで終了となりました。これからも1年に1回は胃カメラ検査を受けてくださいね、とのこと。う、うん。嫌だけどそうします…。2ヶ月、長かった。

不安だけどまず最初にすることは再検査しよう

仕事は忙しかったので仕事をしている間は忘れられていましたが(自覚症状もなかったので仕事への集中力には影響ありませんでした)、時間があると何だか落ち着かない気持ちで、あまり気乗りしない日々でした。人間ドックの結果が来る前に参加希望をしていたセミナーには出席しましたが、勉強意欲を奮い立たせるのが難しく、弱っている時に平常心を保つことの難しさを痛感しました。

有名人の方から、一般の方まで、闘病ブログを書いている方もいらっしゃいますが、すごいな、、、と思います。自分の弱い部分、弱っていること、困っていること、病気のことを書くというのは非常に辛い作業に今の私には思えます。書くことが生きている証、という強い心持ちに至っている方もいらっしゃるのだと思いますが。今回良性だったので記録として記事にしましたが、これが悪い方であればとてもじゃないですが何もかかず放置ブログでフェイドアウトしたのではないかと。ブログネタやったー!とは思えなかったです…。

というわけでようやく健康不安がなくなり、すっきりした年越しを迎えられそうです。健康診断なんて受けなくてもへーきへーき、というタイプだったのですが、そういうわけにもいかないですね。
再検査になると不安が募りますし、検索してしまうものかもしれません。でも悪くなかったから書く人も(今回のこの記事のように)いれば、悪かったから書く人もいて、あくまでブログはその人の結果でしかありません。なので私のこの記事が再検査になった人の安心材料になればとも思いますが、医学的根拠は何もありませんし、こういうこともあるんだな、という1つの例でしかありません。ただよかったことはすぐ再検査に行ったこと。それだけです。2017年は健康な1年となりますように!